FC2ブログ

宇宙人?!

宇宙人。

実際に存在するかどうかは別にして、もし宇宙人がいたとしたら私たち地球人は果たして仲良くなれるのでしょうか?

人は何故敵を作ろうとするのか?


例えばスポーツの世界。

学生の頃に何かしらのスポーツをやっていた人ならご存知だと思います。

身近な地区での戦いがあり、そして県レベル、全国レベルとその範囲が広がっていきます。

 

県予選で敗退したなら全国大会での同じ県のチームや選手を応援する。

そしてその先の国同士の戦いになると同じ国の選手、チームを応援する。

 

もちろん地元愛だとか祖国への思いを否定するつもりはありません。

でも小さなエリアでは敵として戦って、大きなエリアでは味方になる。

これってある意味矛盾ですよね。

ぶっちゃけ、だったら最初から仲良くしろよ。

とか思っちゃいます。

 

もちろんスポーツの世界では敵であっても敬意を表したり、相手を認めて戦う人が多いと思います。

でも結局のところこういう考え方自体がいじめやスクールカーストや職場での差別や学歴などでの偏見とかに繋がっているような気がします。

競争原理を否定する訳ではありませんが、敵対心を煽っている事も間違いないでしょう。 

 

つきつめていけば自分と同じ人間なんてこの世に存在しません。

だったら自分と違うなら全て敵になるのか?

というとそうじゃない。

家族という単位。

同じエリアという単位。

同じ学校、同じクラス、同じ出身など何かしらの共通点や、考え方などで人は身近な人とそうでない人と区別をつける。

 

親であろうが親友であろうが他人であろうが電車でたまたま隣に座った人であろうが、所詮は自分以外の人間だ。

だったら何故人は区別をつける?

血が繋がっているから?

じゃ血が繋がらない親子はどうなんだ?

もっともっと視野を広げようよ。

もっともっと想像しようよ。

もっともっと大きなところから人を見れば、みんな人間じゃないか。

少なくても宇宙人じゃない。(地球人から見たら)

 

いや宇宙人であろうと、コミュニケーションが取れるのであれば僕は仲良くなりたい。

だって自分の知らない世界を知ってる人なんだもの。

ものすごく興味がある。

それは人も同じ。

自分と違う生き方をしてる人なんだもの。

自分の知らない世界を知っている人なんだもの。

それだけでも、ものすごく話を聞いてみたい。

 

死ぬまで後どれだけの時間が残されているのかわからないけど、いろんな人にいろんな話を聞いてみたい。

だから僕は人が大好きだ。

だから僕は人と話がしたい。

それが例え宇宙人であってもだ。

hiyoko
Posted byhiyoko

Comments0

There are no comments yet.

Leave a reply